2012/10/23

1バイトは8ビットって馬鹿なの?死ぬの?

1バイトは8ビット、そう思っていませんか?

実は、1バイトが8ビットだとは決まっていません。それどころか、8ビットではない場合もあるのです。
かつては、1バイトが5ビットのマシンから、1バイトが12ビットのマシンまで、様々な設計があったといいます。cf. Wikipedia: バイト_(情報)
1バイトが5bitのマシンとか。なにそれ気持ち悪い。
でも、これは決して大昔の話ではなく、現役の話なんです。たとえば、電子メールなども1byteが7bitのシステムを通過できるようにしてあります。
つまり・・・バイトって曖昧いいかげんなんです(ちなみに、バイトが曖昧なので、8bitのことを1オクテットと厳密に定義しています)。

これが、バイトを通信関係の表記に使わない理由、一つめです。

バイトを使わない理由はもう1つあって、通信はパソコンばかりが活躍する場ではありません。 音声通信やストリーム暗号などでは1ビットの流れのまま扱う場合があったり、 他にもみんな大好き無線LANでも6bit単位で送っていたりします(802.11nまでの64QAMでの話。802.11acから導入される256QAMは8bit単位で送るため通信がはやくなるそうです! 楽しみですね~)。

以上の2つの理由で、通信を表すとき、バイトやオクテットではなく、ビットであらわすのです。

0 件のコメント: