2010/10/02

困ったことに、記事でばれるAllAboutのレベル

AllAboutの記事のクオリティに疑いが
 今まで、AllAboutってそこそこの記事を書いてると思っていて、わりと信頼できると思って読んできたのだが、こんなにひどい記事もあるのね。

 下の引用部以外もかなり時代錯誤でびっくりしました。
2005年更新の記事なんだが。ハンパないデジタル音痴っぷり。1995年でも馬鹿にされるレベル。
2005年の更新のときにAllAboutは見直さなかったのか。そもそもAllAboutには記事を見直すことがないのか(その割に、2005年に何を更新したんだ)。

引用とツッコミ

これからはメールアドレスがないと情報収集に不利です。

メールで送る情報はデジタル情報です。困ったことにデジタル情報は簡単にコピーができ著作権法上問題になっています。
—All About | 名刺でばれる会社のレベル

「困ったことに」て!!!!
「困ったことに」て!!!!
「困ったことに」てっ!!!!


つっこみ1
 名刺とメールアドレスの記事にデジタル批判をねじこんでくるて、どんだけデジタル嫌いなんだよ。

つっこみ2
 名刺にメアド書けとか、なにをいうてはるの。2005年の更新のとき何を思って更新したのか。

つっこみ3
 「URI書くな検索してもらえ」はIT化されてない企業を対象にした記事で言うことじゃない。
 検索でヒットするかは企業名に依存するし、対象読者層は確実にSEOはしてないのだから、検索つかえと言うのも頭おかしい。
 最悪、フィッシングサイトに誘導してしまったり、悪い噂を読まれたりしたらどうするの。

こんな記事を放置してきたのはなぜなのか
 100歩ゆずってAllAboutができた2001年に書いたと仮定しても、十分おかしな内容だ。お金をはらって書かせた記事とは思えない。しかし、2005年に更新したときは時代背景を見ても異常といっていい。
 その時にこの内容を見逃したのはなぜなのか。
 いまだにそのままなのなぜなのか。

 
 査読や見直しが機能してなさそうということや、記事のタイムスタンプが内容の鮮度と無関係という問題は、同じ仕組みで編集されているAllAboutの記事全般に共通の問題だと思われます(他分野の記事でも)。
 AllAboutへの信用、かなりがたおちでありますよ。
 気をつけて読もう。

0 件のコメント: