2009/12/02

麻ヒ展 mahiten 見てきた

アドミン・ガラリーにて麻ヒ展 mahiten見てきた。

えらそーなかんそー


  • ダークな色づかいの女性の絵が2枚。油彩。ぱっと見に反してものすごくクリアな感じで、目が素敵で、とても好き。

    たぶん石井さん作。
  • レーザーを使ったアートはちっとピンとこなかった。メディアアート慣れして、僕の感覚がマヒしちゃってるのかもしれん。なんちて。
    いや、綺麗だったんだけど。。。。眼鏡かけてると覗きづらかったり、いろいろ気になっちゃって集中できなかった。

    たぶん石川さん作。
  • 写真が沢山あった。写真が小さい上に照明が暗くて、しかも低い所や高い所にはりつけてあるもんだから、背の低い僕には見にくくって仕方ない。

    合成写真(だと思う)があったんだけど、デジタルな感じを全面に出されると僕は苦手かもしれない。画像処理ソフトでチャンネル分解して作業してる時の画面みたいで、ちょっとしんどい。

    波長はRGBの3つじゃないよ。CMYKなんてっ(謎)。波長だけじゃなくて偏光だって干渉だってあるよ。光のつぶが「じぶんとぶつかって」縞模様を作ったり、表面の微細な形状で色がかわったり。

    直視できないほどまぶしい太陽を写真で見たいよ。今の技術のコントラストに満足しないでよ。

    光のつぶの中はもっと広いはず。

    なんか長々と文句をつけたみたいになってしまったが、実は一番愛があるのかもしれん。

    あんまり触れなかったけど、自室を撮るってのおもしろい。


    イラストあんま見れなかった。と思ってたらもしかしたらこちらで見れるかも。Google先生がんばるなぁ。。。。そしてがんばれあなたの液晶ディスプレイ。

    あ、あの、、、かわいかった鹿さんはもしや、、、、、、、、、
    たぶん庄司さん作。

麻ヒ展 関連URI

関連だと思うよたぶん。

0 件のコメント: