2009/11/28

(Android-dev 0-1) 環境設定:JDKのインストール

Androidでソフトウェアを開発するには、Andoroidの開発環境が必要です。
Androidの開発環境には、Javaの開発環境すなわちJDKが必要です。
そんなわけで、まずJDKのインストールを行いました。この記事はそのまとめです。

まず http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html へ行ってみます。
2009年12月1日現在、どうやらJDKの最新版は JDK 6 Update 17 のようです。こやつをインストールしてやりましょう。
よく見ると公式インストールガイドへのリンクがあります(ありますよね?)。
このインストールガイドを参照しながら、JDKのダウンロードとインストールを行いましょう。

ダウンロード

いろいろ選択肢があってちょっと面倒くさいですね。私は何もバンドルされていない純粋なJDKをダウンロードしました。
今回は jdk-6u17-linux-i586-rpm.bin をダウンロードしました。

インストール

$ chmod u+x jdk-6u17-linux-i586-rpm.bin
$ ./jdk-6u17-linux-i586-rpm.bin -x
(略)
Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: jdk-6u17-linux-i586.rpm  
  inflating: sun-javadb-common-10.4.2-1.1.i386.rpm  
  inflating: sun-javadb-core-10.4.2-1.1.i386.rpm  
  inflating: sun-javadb-client-10.4.2-1.1.i386.rpm  
  inflating: sun-javadb-demo-10.4.2-1.1.i386.rpm  
  inflating: sun-javadb-docs-10.4.2-1.1.i386.rpm  
  inflating: sun-javadb-javadoc-10.4.2-1.1.i386.rpm  
Extraction of RPM Done.
 
Done.
$ sudo alien -i jdk-*.rpm sun-javadb*.rpm
$ trash jdk-6u17-linux-i586-rpm.bin jdk-*.rpm sun-javadb*.rpm
  • -x オプションをつけて実行すると、インストールは行われず、RPMパッケージの展開のみが行われます。 (今日は知りました。オフィシャルのガイドはよく読むべきですね…反省)
  • 展開されたパッケージファイルたちをインストールします。僕はDebian GNU/Linux Lennyを使っているので、alienコマンドを使ってインストールしました。
  • 最後の行で使っている trash コマンドは、「ゴミ箱に入れる」というコマンドです。パッケージファイルをとっておくポリシーの方は削除はしないでくださいませ。trashコマンドを入れていない人は、rm でいきなり削除しましょう。

インストールがうまくいっていないので何とかする

トラブりました。
*.jarとなっているべきファイルが、かたっぱしから*.packというファイルになっているのです(たとえばrt.jarはrt.packのまま)
インストール後にスクリプトが実行されないのが原因かもしれません。alienに--scriptオプションをつけて実行するべきだったかも?うーむ。よくわからん。

どうやら他の方もハマっていらっしゃって、RPMをalienを使って入れるのは鬼門のようであります。

とりあえず手動で、/usr/java/ 以下の*.packファイルすべてについて
unpack200 hoge.pack hoge.jar
をやってまわりました。
めんどくさかったけど、とりあえずHelloWorldが動いたのでこれでよし!!!!!!!!

次は
alien --script -i *.rpm
に挑戦するぞ!(懲りない奴)

環境変数を設定する

僕は ~/.bashrc に以下の4行を加えました。
export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_17
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
export CLASSPATH=.:$CLASSPATH:$JAVA_HOME/lib
export MANPATH=$MANPATH:$JAVA_HOME/man
実はこれ、ちょっとPATHの順序が変則的です。私の環境に特有のworkaroundなので、普通は
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
がいいかも。

3 件のコメント:

kz さんのコメント...

本日、JDKをUbuntuにインストールしました。Ubuntuの場合、リポジトリにはじめから入っているので、インストールがめちゃ楽です。multiverseという概念の柔軟性はやはり便利ですね。


ごめんねrms。debianが嫌いになったわけじゃないの。

kz さんのコメント...

パッケージ sun-java6-doc をインストールしようとすると jdk-6u19-docs-ja.zip などをダウンロードしてこい、的なことを言われるのだが、バージョン6update19の日本語ドキュメントなどというものはない。(6u10はある)
仕方ないので jdk-6u18-docs.zip (英語版) をインストールした。

kz さんのコメント...

まとめ。

- alienは鬼門。指示通りに入れるべし。
- オフィシャルのドキュメントを読むべし。